ホーム  
CSR情報

CSR情報

地域貢献Regional contribution

 吉本組が一番大切にしていることは、社業の発展を通じて地域社会へ貢献することです。私たちが今日あるのは、地域の皆さんのおかげです。どうすれば地域がもっと発展するのか、どうすれば地域がもっと安全安心で快適になるのかを、社員皆で考え実行に移しています。今日まで、災害時の復旧支援、地域の美化活動、交通安全啓発、地元の例大祭への参加などを実行してまいりましたが、これからも社員一丸となりさらなる地域貢献を進めて参ります。

災害復旧支援

地域の住民を守るため、吉本組では災害時の復旧支援を積極的に行っております。東日本大震災の義援金・支援物資提供をはじめ、積丹町大雨災害の流木の処理など、全社員一丸となり、取り組んでおります。これからも地域の安全と安心のため、努力と協力を惜しみません。

積丹町大雨災害流木処理(平成23年7月14日)
神恵内村大雨流木処理(平成23年7月14日)

積丹町と神恵内村から感謝状を頂きました。

クリーンアップ活動

地域を清潔で快適な環境にするため、吉本組では毎年4月から10月までの町内清掃活動を実施しております。また、平成27年4月には岩内旧フェリーふ頭周辺の草刈や清掃活動を実施。関連会社エコメンテナンスの協力も受け、総勢30人余の大清掃ボランティアチームを結成し、約3時間の清掃活動の末、45ℓのゴミ袋50袋を回収しました。

交通安全啓発運動

地域の交通安全を啓発するため、年4回の全国交通安全運動期間中にあわせ、会社前において社員がドライバーや地域住民の皆さんに交通安全を呼びかけます。「交通安全」と書かれた旗を振り、地域の安全を願っております。

地元の神社祭へ参加

毎年7月に行われる岩内神社の例大祭に参加しています。この例大祭は豊漁豊作を祈念し
200年以上も続く伝統ある祭。1日目の御神輿渡御行列では行列に参加している皆さんを会社でおもてなし。2日目海上渡御では我が社の船舶「吉翔」と「第10号開運号」も漁船20隻とともに参加し豊漁を願います。

「北海道景観づくりサポート企業」

北海道が推進している「北海道景観づくりサポート企業」に登録されました。1999年から泊村の国有林の維持整備と、2001年から月1回の本社周辺での清掃活動を行っていることから環境保全に貢献していることが評価されたものです。

飲酒運転根絶宣言

平成27年9月1日、岩内警察署において「飲酒運転を絶対しない、させない、許さない」との飲酒運転根絶宣言を行いました。アルコール検知器を購入し、毎朝確認する等根絶に努めております。

平成27年9月2日北海道新聞に掲載.

岩内愛犬墓碑法要祭

犬は、数ある動物の中で人間と行動を共にし、最も密接に信頼し合ってきた動物ですが、物故していく犬族にとって決まった墓碑もなく、飼い主がその都度処理しているのが現状でした。その中にあって、吉本正則社長が中心となり、平成2年8月7日に二基の墓碑を建立しました。一基は天然記念物北海道犬のお墓として、もう一基は愛犬のお墓として。その後、保存会として吉本組で維持管理をし、毎年8月7日に遺族や関係者が参列し法要を営んでいます。

岩内馬頭観音法要祭

始まりは、水産の街岩内として共に産業を支えてきた愛馬に感謝するため、昭和53年4月に愛馬に関係していた吉本正則社長が中心となり、10名で岩内馬頭観音期成会を発会し、岩内馬頭観音記念碑を建立しました。記念碑題字は当時の北海道知事に、碑文は当時の岩内町長に依頼して建立したものです。
その後、毎年7月17日を設立記念日とし、保存会として吉本組が窓口となり、馬頭観音法要祭を開催しています。愛馬への感謝の気持ちは、今約40年たち、これからも変わらず続けられます。

学校グランドの整備

平成27年5月に、吉本組では岩内町立第一中学校のグランドを整備しました。「児童生徒のスポーツ環境の推進に努めるなど、その教育貢献活動は誠に顕著」などと書かれた感謝状を岩内教育委員会から頂きました。

地域の各種団体や振興協会等への参加・協賛

 「ニセコいわない国際スキー場」は存続が危ぶまれていましたが、体育団体や企業、町が一体となり運営し、町民の冬のコミュニケーションの場となっています。運営母体である岩内町地域振興協会の会長は弊社吉本社長。地元建設業界の皆さんとともに岩内町の子ども達のために支援しています。

若旺会Wakaoukai

 「若旺会」は、当社会長の吉本正則が会長をつとめ、地域社会への奉仕活動を通じて相互の資質を高めることを目的に、まちの若手経営者たちを中心に様々な職種の人が集結したグループです。住民が心から楽しめるイベント、安全安心な街づくりの為の活動をしております。

若旺会概要

代表者 吉本正則
設立年月日 昭和58年1月
設立目的 友愛の精神をもって会員相互の親睦をはかり、地域社会への奉仕を通じて、自己開発を追求練磨し、会員相互の社会的、経済的地位の向上をはかることを基調理念とする。
構成員数 130名
活動範囲 岩内地域一円
事業内容 1.地域社会の一員として積極的なボランティア活動
2.会員相互の経済的地位の向上に関する事業
3.会員相互の親睦に関する事業
事務局所在地 北海道岩内郡岩内町大浜89-6(株式会社吉本組内)

主な活動

若旺会主催「復活北海盆踊り」

昔ながらの北海盆踊り大会を平成6年に大々的に復活させて、住民みんなが楽しめる岩内地域の一大イベントに育て上げました。今では観光パンフレットへ掲載されるなど、新たな観光資源として地域の活性化に寄与しています。

「岩内地方の安全安心を守る協議会」パトロール

平成18年2月、岩内地方から児童・生徒等弱者に対する犯罪をなくし、地域住民が安心して生活できる地域にするため、若旺会を中心とした「岩内地方の安全安心を守る協議会」を結成、岩内警察署と協定を結びました。

運動は若旺会メンバーを中心にパトロール隊を編成、児童生徒の下校時などに交代で「子どもを犯罪から守るパトロール」を実施します。

そしてその活動が認められ、平成24年10月に北海道知事より「北海道犯罪のない安全で安心な地域づくり賞」を受賞しました。

北のみち普請を育てる会 クリーンアップ運動・河川清掃事業

きれいな岩内町を作り、維持していく一環として、海岸・河川の清掃や空缶ゼロ運動などの環境美化を推進するクリーンアップ運動を岩内クリーンアップクラブの一員として参加。年2回行っています。

吉本組 受賞歴Awards

主な受賞歴

昭和60年 北海道知事より北海道社会貢献賞受賞
平成 元年 北海道開発局長より北海道優良工事施工業者表彰を受賞
平成 2年 北海道建設業協会表彰
平成 5年 北海道開発局長より北海道優良工事施工業者表彰
平成 7年 日本港湾建設協会より北海道の港湾建設発展のための功績顕著として表彰
平成18年 北海道開発局長より港湾空港関係功労者表彰を受賞
平成19年 水産庁長官表彰、日本港湾協会表彰をそれぞれ受賞
平成20年 北海道開発局長優良工事表彰を受賞(4回目)
平成22年 農林水産大臣表彰を受賞
平成25年 北海道開発局長優良工事表彰を受賞(5回目)
および海道開発局網走開発建設部長表彰を同時受賞
平成26年 国土交通大臣より「海の日」海事関係功労者大臣表彰を受賞
小樽建設管理部より平成26年度工事等優秀者表彰を受賞
北海道知事より北海道産業貢献賞(土木功労者)受賞
平成27年 北海道開発局長優良工事表彰を受賞(6回目)
平成28年 北海道開発局長優良工事表彰を受賞(7回目)
北海道知事より平成28年度工事等優秀者表彰受賞(小樽建設管理部)
北海道知事より平成28年度工事等優秀者表彰受賞(北海道水産林務部)
ホーム  
CSR情報